スマートハウス、太陽光パネルに蓄電池|エリアクエスト

スマートハウス、太陽光パネルに蓄電池|エリアクエスト




[PR]



2013年03月25日(Mon)
スマートハウス、太陽光パネルに蓄電池|エリアクエスト
東日本大震災後、家庭での省エネルギーの切り札として注目されているのが「スマートハウス」。

 太陽光パネルや蓄電池を備え、電気を効率よく使える住宅だ。メーカー各社も普及に力を入れる。

 横浜市の会社員男性(43)は昨年3月、「省エネの生活をしたい」とスマートハウスの新居を購入し、両親と2世帯で暮らしている。

 スマートハウスとは、どんな家なのだろう。

 男性宅は2階建て。家全体の断熱性を高め、南向きの屋根には太陽光パネルが並ぶ。玄関内の収納庫に蓄電池が置かれている。「屋根のパネル以外、見た目は一般住宅とあまり変わりません」

 スマートハウスが一般住宅と大きく違うのは、情報技術(IT)を活用したシステム(HEMS=ヘムス)を住宅内に導入し、電気をいつ、どれだけ消費したか、太陽光でどれだけ発電したか見ることができることだ。「就寝前にパソコンでその日使った電力量を確認している。省エネ意識が高まり、テレビもこまめに消すようになりました」

 男性宅では使う電気の「種類」も工夫している。電気代の安い深夜電力を蓄電池にため、昼間に使う。太陽光パネルで発電した電気で余った分は、電力会社に販売し、光熱費削減につなげている。

 以前の家では1世帯で年間の光熱費は約25万円だった。スマートハウスで生活した1年間の光熱費は、2世帯分合わせても約5万円で済んでいる。

 スマートハウスの課題は、設備にかかる費用が高額なことだ。国は太陽光パネルや蓄電池、HEMSの購入に補助金を出し、支援しているが、補助金を差し引いても、一般住宅より200万〜300万円ほど割高になることが多い。

 横浜市の男性の場合も設備代に約230万円かかった。ただ光熱費が大幅に下がったため、単純計算すると、12年間で費用を回収できる。

 横浜市の男性宅を手がけた大和ハウス工業は、一昨年10月から、全国で計約1500戸のスマートハウスを販売。今月から大阪府堺市でスマートハウスが並ぶ住宅地の分譲も始めた。積水化学工業は今月中に受注が3000戸に達する見通し。パナソニックも神奈川県藤沢市の工場跡地に1000戸規模の「スマートタウン」を開発する計画だ。

 現在、販売されているスマートハウスは基本的には戸建て住宅だが、集合住宅でも実用化のための取り組みが進む。東京ガスは昨年、横浜市内にスマート化した4階建て社宅(22世帯)を試験的に建設。蓄電池は各部屋に置かず、地下に設けた大型蓄電池を共用する。屋上には太陽光パネルのほか、太陽熱で温水をつくる装置を並べて省エネ効果をみる。ガスから電気をつくる燃料電池も活用する。石油元売り大手のJX日鉱日石エネルギーも社宅を改修し、昨年から実験に取り組んでいる。

 芝浦工業大教授の秋元孝之さん(建築環境工学)は「スマートハウスは災害時にも役立つ。今はまだ設備費が高いが、今後の技術開発で価格が下がれば、一気に普及するのでは」と話している。

省エネ効果「見える化」

ITを活用したHEMSにより電気をムダなく使える(東京・汐留のパナソニックリビングショウルーム東京で)
 震災以降、特に冬や夏のシーズンには、電力不足の心配があり、節電が繰り返し呼びかけられてきた。

 資源エネルギー庁によると、例えば、冬の午後7時の家庭を想定すると、消費電力が大きい電気製品は、エアコン(30%)、照明(13%)、冷蔵庫(11%)、テレビ(6%)の順だ。

 こうした家電の使い方を見直すことが、節電に欠かせない。ただ、これまでの住宅では、どれだけ電気を使用しているのかがわかりにくい。


 スマートハウスは、電気の具体的な使用状況を、数字やグラフで確認できるのが特徴だ。情報技術(IT)を用いて電気の使用状況を「見える化」することで、効果的に節電に取り組むことができる。このシステムは「HEMS(ヘムス)」と呼ばれる。

 HEMSのセンサーを室内の配線とつないで、電気の使われ方を測定する。インターネット経由で、専用モニターやパソコン画面に、時間ごとや日ごとの電気使用量が、数字やグラフで表される。どの部屋の、どの時間帯の使われ方が多いのか一目でわかる。太陽光パネルの発電量や、蓄電池の残量も知ることができる。


HEMSでは、1日の電気の使用量の変遷がグラフでわかる(パナソニック提供)
 電気製品のプラグをコンセントに差し込んでいるだけで発生する「待機電力」の量も部屋ごとに把握できる。

 無駄をなくす意識が働き、平均で1割前後の節電につながっているという。

 HEMSは、すでにある一般住宅に後から設置することも可能だ。モニターなどの機器と工事費で、計20万〜30万円ほどかかることが多い。

 資源エネルギー庁の担当者は、「一般住宅に設置するケースも増えているようです」と話す。(YOMIURIONLINEより引用)



震災以降、エネルギーに関する意識が高まっております。
太陽光パネルは一般的に浸透しつつありますよね、これからの蓄電池の活躍に期待しております。


事業用不動産賃貸ならエリアクエスト。

エリアクエスト コーポレートサイト
エリアクエスト コーポレートサイト
エリアクエスト ごあいさつ
エリアクエスト 会社概要
エリアクエスト 事業概要

エリアクエスト関連リンク
エリアクエスト 2012年10月 ブリッジサロン
エリアクエスト 2013年2月 読売ブリッジサロン
エリアクエスト 日本経済新聞
エリアクエスト msnマネー
エリアクエスト 株マップ.com
エリアクエスト みんなの株式
エリアクエスト Kmonos
エリアクエスト Kabutan
エリアクエスト IFIS
エリアクスト モーニングスター
エリアクエスト BRIDGE REPORT Vol.1
エリアクエスト BRIDGE REPORT Vol.2
エリアクエスト BRIDGE REPORT Vol.3
エリアクエスト BRIDGE REPORT Vol.4
エリアクエスト BRIDGE REPORT Vol.5
エリアクエスト BRIDGE REPORT Vol.6

エリアクエスト 転職会議
エリアクエスト en-japan

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

エリアクエストは事業用不動産のビル所有者又はビル経営者に対して、ビルの収益性を追求し
資産価値を維持・向上させるためのサービスを提供し、同時に、事業用不動産を使用する貸主に対して、日常的なファシリティ(施設)を効率よく運営するためのサービスを提供しております。


新着トラックバック/コメント

エリアクエストでは、オフィスの新設・移転をお考えのお客様に対して、 効率的なオフィスを 開設するコンサルティングからオフィス物件のご紹介までを 卜一夕ル的にサービス させて いただいております。

カレンダ
2013年3月
         
25
           

アーカイブ
2013年 (42)
3月 (19)
4月 (5)
5月 (3)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (1)
10月 (3)
11月 (1)

アクセスカウンタ
今日:12
昨日:11
累計:36,403