賃料水準の景況感指数、5年ぶりにプラス/東京ビル協調査

賃料水準の景況感指数、5年ぶりにプラス/東京ビル協調査




[PR]



2013年11月25日(Mon)
賃料水準の景況感指数、5年ぶりにプラス/東京ビル協調査
 (一社)東京ビルヂング協会は21日、2013年10月期の「ビル経営動向調査」の結果を公表した。会員を対象に四半期ごとに賃料水準と空室率、景況感を聞くもの。今回は267社を対象に実施し、158社から回答を得た。

 東京23区の坪当たり賃料水準(共益費込)は上限2万5,674円(前回調査比318円下落)・下限1万5,579円(同186円上昇)。上限は2期連続下落、下限は4期連続の上昇となった。都心部では、中央区は上限・下限ともに横ばい推移で推移し、新宿区は上限が横ばい、下限は下落した。

 平均空室率は23区全体で6.8%(同0.2ポイント上昇)だった。都心5区は千代田区6.1%(同0.3ポイント低下)、中央区6.6%(同0.7ポイント上昇)、港区8.1%(同変わらず)、新宿区8.7%(同0.7ポイント上昇)、渋谷区2.4%(同0.1ポイント上昇)。前回調査時点では各区で空室率が低下したが、今回は千代田区以外では上昇・横ばいとなった。

 賃料水準景況感指数は、3ヵ月前と現在を比較して2.8(同5.3ポイント上昇)と、08年1月以来のプラスになった。3ヵ月後の予測は8.6(同1.3ポイント上昇)。空室景況感指数は3ヵ月前と比較して11.6(同0.6ポイント低下)、3ヵ月後の予測は15.8(同0.2ポイント低下)。((株)不動産流通研究所「R.E.port」より引用)
10月期の結果がでましたね。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

エリアクエストは事業用不動産のビル所有者又はビル経営者に対して、ビルの収益性を追求し
資産価値を維持・向上させるためのサービスを提供し、同時に、事業用不動産を使用する貸主に対して、日常的なファシリティ(施設)を効率よく運営するためのサービスを提供しております。


新着トラックバック/コメント

エリアクエストでは、オフィスの新設・移転をお考えのお客様に対して、 効率的なオフィスを 開設するコンサルティングからオフィス物件のご紹介までを 卜一夕ル的にサービス させて いただいております。

カレンダ
2013年11月
         
25

アーカイブ
2013年 (42)
3月 (19)
4月 (5)
5月 (3)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (1)
10月 (3)
11月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:18
累計:36,410